プラセンタ美容液

プラセンタのシミに対する効果

プラセンタには、多くの栄養素が入っており、それが肌のさまざまなトラブルに効果があるとわかっています。
女性の肌の悩みの上位にあるのが、シミです。若い頃にはなかったのに、ある日突然ポツリとでき、それが顔のいたるところに増えていく状況、経験のある方も多いのではないでしょうか。
プラセンタは、このシミを消し、元の肌の状態に戻す効果もあります。

 

では、まずシミはどのようにしてできるのか、説明していきます。

 

 

シミができるメカニズム

シミは、メラニン色素という黒褐色の色素が皮膚に沈着してできるものです。その最大の原因は紫外線によるものです。

 

皮膚は、紫外線を浴びると大きなダメージを受けてしまいます。メラニン色素は、それを防ぐために、紫外線を吸収するという役割を果たしています。

 

このメラニンは、表皮の一番下にあるメラノサイトという色素細胞によって作られます。紫外線によってメラノサイトが刺激を受けると、メラノサイトの中にある酵素が働き、メラニンが作り出されます。このメラノサイトが代謝により皮膚の表面に押し上げられていきます。これが日焼けで肌が黒くなるということです。通常は、この後アカとなりメラノサイトははがれ落ちます。

 

健康な皮膚なら、紫外線を浴びるたびにメラニン色素が作られ、体外に排出されるというサイクルが繰り返され、バランスが保たれています。しかし、老化や、紫外線の浴びすぎなどでこのバランスが崩れてしまうと、メラニン色素が過剰に作られたり、皮膚がなかなかはがれ落ちなかったりしてしまうことがあります。すると、メラニン色素が皮膚の中に残ったままになり、これがシミとなります。

 

 

プラセンタのシミに対する効果

皮膚は、表皮細胞の最も下の基底層で作られ、それが皮膚の表面からはがれ落ちるまで、28日間かかります。このサイクルをターンオーバーといいます。これが乱れると、メラニン色素が排出されなくなり、シミができやすくなります。

 

プラセンタには、活性酸素を除去する作用、抗炎症作用があります。

 

活性酸素は、紫外線を浴びると発生し、結果、メラニン色素を作り出してしまいます。そこでプラセンタの活性酸素を除去する作用が働き、メラニン色素を多量に作るのを防いでくれます。

 

また、抗炎症作用で、日焼けによって生じた炎症の治りを早くしてくれる作用もあります。

 

また、新陳代謝を高める効果があります。皮膚の基底層に働きかけ、すると、メラニン色素を排出するという皮膚のサイクルを正常化し、シミをはがれ落ちやすくしてくれます。

 

このように、プラセンタは、皮膚の細胞の働きを助け、その結果、シミを防ぐ効果、シミを排出する効果あるのです。

プラセンタ美容液,体験,レビュー,ブログ

管理人がプラセンタ美容液を体験中♪
現在、フラコラ「プラセンタエクストラクト」を体験しています!
においは?効果あるの?など、詳しく書いています♪
フラコラ,プラセンタエクストラクト,レビュー

プラセンタのシミに対する効果関連ページ

皮膚の構造
シワをなくす