プラセンタ美容液

プラセンタの成分

胎児の生命をつかさどるプラセンタ(胎盤)には、人間に必要なたんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミンなどの各種酵素などの多様な栄養素によって構成されています。

 

現在確認されているプラセンタの成分は、以下のとおりです。

 

 

アミノ酸=ロイシン、リジンなど。タンパク質を構成する物質。

 

たんぱく質=アルブミン、グロブリンなど。三大栄養素のひとつ。生物の重要な構成成分のひとつで、筋肉や臓器など、身体をつくる役割をしている。

 

酵素類=アルカリホスファターゼ、ヒアルロニダーゼなど。生物の消化・吸収・輸送・代謝・排泄などのあらゆる過程に関与する物質。

 

脂質・脂肪酸=コレステロール、パルチミン酸など。三大栄養素のひとつ。体内ではエネルギー源となる。

 

糖質=グルクトース、ガラクトースなど。三大栄養素のひとつ。身体のエネルギー源の他、体を構成して、筋肉の運動や体温を調節する働きがある。

 

ミネラル・ビタミン=カリウム、ナトリウム、ビタミンCなど。生体にとって不可欠な栄養素。

 

ムコ多糖体=ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸など。細胞と細胞を結び付けている物質。

 

核酸構成物質=ウラシル、アデニンなど。遺伝子(DNAなど)を構成している物質。

 

SAアミノ酸=スーパーアクティブアミノ酸。活性酸素を除去してくれる物質。

 

 

これだけの成分が入っている薬は、見当たりません。
プラセンタは、まさに栄養の宝庫なのです。

 

 

プラセンタの肌に対する効果

上記の有効成分を含んだプラセンタは、美容にもとても効果的であることがわかっています。最近ではこのプラセンタを含む化粧品が増えており、その効果の高さがうかがえます。
実際に使用した多くの人が、そのプラセンタのすばらしい効果に驚き、手放せなくなってしまう方も増えています。

 

 

プラセンタの肌に対する効果は、以下のようなものが挙げられます。

 

・美白作用
・保湿作用
・組織代謝の促進作用
・結合組織の新生作用
・細胞の増殖再生作用
・血行促進作用
・活性酸素除去作用
・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
・免疫賦活作用

 

 

上記以外にも、まだわかっていない効果が数多くあるとされ、プラセンタの可能性はまだまだ計り知れないところがあります。

 

これらの作用が、シミ、シワ、ニキビやアレルギー、老化などの肌のトラブルに絶大な効果を現し、現代女性の強い見方になってくれることは、間違いないでしょう。

プラセンタ美容液,体験,レビュー,ブログ

管理人がプラセンタ美容液を体験中♪
現在、フラコラ「プラセンタエクストラクト」を体験しています!
においは?効果あるの?など、詳しく書いています♪
フラコラ,プラセンタエクストラクト,レビュー

プラセンタの成分関連ページ

プラセンタとは